お向かいの鉄鋼屋さんに平鉄を貰って酒器の取っ手を作ってみました。

引っかける所をグラインダーで荒削りし、サンドペーパーで滑らかにしたら

後は酒器に合わせて手で曲げるだけ。

取り外しも簡単だし、合わせた形が団子みたいで可愛いです。

 

うん、自分で合格点押しときます。

 

 

グラス類

2014.2.18

今回のグラス類、

石膏で型どり成型しているのでキリッとシャープに仕上がっています。

これらは織部釉薬をかけて、釉の溜りを楽しんでみます。

遅ればせながら(汗)!!

松坂屋名古屋店南館6階アートプレースにて「徳利・ぐい呑展」

1月29日~2月11日に参加させて頂いています。

少しですが会場に立たせて貰い、しっかり勉強させて頂いてきました。

今回 私は備前と信楽の作品を出品」しています、

会期も残りわずかですが、どうぞご高覧下さいませ。

ギャラリーの方から磁器土を頂きました、

「電気窯で作陶してるなら磁器もしてみたら、合ってると思うよ。」とのこと、なのでそのテストです。

磁器単味では扱いつらいので、私の持っている粘土と混ぜて磁土の白さ・火襷の発色のテストになります。

土味を出そうとすると鉄分のつぶつぶが目立つし、磁器を多くすると火襷の発色も薄くしらけた感じになってしまう。

 

なにを狙うか、もう少し考えないとなぁ~。

 

 

 

 

  • 土と釉 works
    • 花 flower vase
    • 茶 tea ware
    • 酒 sake vessel
    • 食 table ware
    • 遊 enjoy oneself
  • 陶歴 profile
  • 日常 blog
  • お問い合わせ contact

大阪市天王寺区悲田院町5-6-202 中原幸治セラミック・アートワークス