窯焚き

2013.9.5

今回は工芸会でお世話になっている先生の窯焚きです。

焼締や釉薬の作品といろいろ詰まっているので、

薪窯での変化が楽しみな窯焚きです。

写真は最初の部屋の横焚き中、

先生方にこの窯でのコツをいろいろと教えて頂きました。

土が変われば窯も焚き方も違ってくる、そこが陶芸の楽しさのひとつだと思います。

  • 土と釉 works
    • 花 flower vase
    • 茶 tea ware
    • 酒 sake vessel
    • 食 table ware
    • 遊 enjoy oneself
  • 陶歴 profile
  • 日常 blog
  • お問い合わせ contact

大阪市天王寺区悲田院町5-6-202 中原幸治セラミック・アートワークス