第61回日本伝統工芸会・大阪展終了

2014.10.24

第61回日本伝統工芸会・大阪展の手伝いも終わり、やっと一段落つきました。

今回は他部会の先生方とお話しする機会に恵まれ、それぞれの制作工程を教えていただき見識が広がりました。

 

陶芸・金工・木竹工・漆芸・染織・人形・諸工芸・・・

工芸の枠の中でいかに素材を活かし人に訴えかけれるモノを作れるか、本当に勉強になりました。

 

今は思っていること考えていることをうまく文章にできませんが、

私の先生や工芸会の諸先輩方のように訴えかけれる良いモノを作り続けたいです。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:日常,日常風景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 土と釉 works
    • 花 flower vase
    • 茶 tea ware
    • 酒 sake vessel
    • 食 table ware
    • 遊 enjoy oneself
  • 陶歴 profile
  • 日常 blog
  • お問い合わせ contact

大阪市天王寺区悲田院町5-6-202 中原幸治セラミック・アートワークス